手湿疹になったら

手湿疹の治し方とは

手湿疹は、まず、予防することが大切です。
手湿疹でも、手がカサカサしている程度ならよいのですが、
ひび割れたりすると痛いですし、かゆみを伴う水疱ができると、そのかゆみは尋常ではないのでとても大変です。
そのような辛い手湿疹にならないようにするために、
まずは予防することが大切です。

 

秋の終わりから冬にかけて、空気が乾燥し気温が低くなる時期は手湿疹にかかりやすくなります。
水道の蛇口から出る水はとても冷たいので、
食器を洗ったり掃除をしたりする水をお湯にする人もいると思います。
お湯は、水を使うときよりも手の皮脂を落としてしまうので、
肌のバリア機能が保てなくなり、手がカサカサする手荒れ・手湿疹になってしまいます。
お湯を使うときには、なるべく手の冷たさを感じない程度のぬるま湯にするようにしましょう。

 

さて、手湿疹ができてしまったら、なるべく早く皮膚科専門医を受診することが大切です。
なるべく早く手荒れを治すようにすれば、ひどくて辛い手湿疹にならずに済みます。
手湿疹を治療する薬とは、外用薬が一般的で、かゆみが特にひどい場合は内服薬も用いられます。
外用薬としては、ステロイド系、尿素配合の軟膏、MPS軟膏、ワセリン配合の保湿剤などがありますが、
その人の手湿疹に最も有効で副作用の少ないものを処方してもらえるはずです。
ステロイドは副作用があるので心配で使いたくないという人もいるかもしれませんが、
手湿疹が悪化していると、どうしてもステロイド剤を使用した治療が必要な場合もあります。
医師の指示通りに使えば、大きな問題となる事も多くありません。
症状が強いときにはステロイド剤、軽いときには非ステロイド剤というように使い分けもできますし、
ステロイド剤と言っても強さが強いものカラカル鋳物まで色々あります。

 

そして、手湿疹になりやすい人は、アレルギー体質の人です。
アレルギー体質の人は、自分にとってアレルギーとなるものが、
直接手に触れないように日常生活を工夫する事も大切です。
なるべく、薬に頼らず、市販されているハンドクリームなどの簡単なケアで
手荒れ対策をするのが一番です。

 

手荒れはひどくなるまえに、予防し、対策するように心がけましょう。