手湿疹になったら

手湿疹の症状とは

手湿疹は、水仕事をする機会の多い主婦に多く見られる皮膚疾患でもあることから、
「主婦湿疹」とも呼ばれています。
では、この主婦湿疹と呼ばれる手湿疹には、
どのような症状がみられるのでしょうか?

 

湿疹と色々な部位にできる湿疹がありますが、
手湿疹は、その名のとおり「手」にのみ症状が現れる湿疹をいいます。
そして、手の甲や、手のひら、指と指の間などに、乾燥、亀裂、皮膚の角化などの症状がでますが、
その症状の出方は人それぞれです。
また、手湿疹の症状が出たとしても、もともと冬は手荒れをする時期だからと、
ハンドクリームやワセリンを塗って対処している人もいますし、
少々の手荒れは仕方がないと放置する人もいます。
ですが、手湿疹の初期症状はそれほど強い痛みやかゆみを感じませんが、
症状が悪化すればあかぎれになったり、もっとひどくなると尋常ではないかゆみを伴った水疱ができ、
あっという間に悪化します。
症状が悪化してしまうと、市販されているハンドクリームやワセリンでは治りません。
皮膚科に行って、有効な薬を処方してもらい、根気よく治していく必要があります。
ひどくなる前に対処して、水疱などの辛い症状になる前に手湿疹を改善していきたいですね。

 

皮膚科では、手湿疹の症状の原因となっているものを特定できれば特定します。
たとえば、単なる手湿疹ではなく、金属アレルギーだったり、日光アレルギーだったりする事もあります。
また、白癬菌によるものである事もあります。

 

皮膚科で処方される薬は、非ステロイド剤、保湿剤、もしくはステロイド剤になります。
症状が悪化していれば、ステロイド剤を使って治療をしていくことになります。