手湿疹になったら

手の水泡

手の水泡に悩んでいる主婦は多いですね。
主婦の手の水疱は「手湿疹」という皮膚疾患によっておきるものです。
主婦に多い手湿疹の水疱は、頻繁にその症状を繰り返すことが多く、なかなか完治しません。
なぜなら、その手湿疹は、「主婦湿疹」とも呼ばれているように、
主婦の仕事をやめない限りできてしまう湿疹だからです。
ですが、症状を緩和させることはできますし、完治には時間がかかりますが、治していく事もできます。
主婦湿疹の特徴的な症状として「水疱」があります。
この水疱がとてもかゆいので、四六時中気になり、かいてしまいがちです。
かいてしまうと、水疱がつぶれ、かいた指や爪から雑菌が入り、
炎症を起こすなど症状が悪化してしまいます。
するとますます、肌荒れの状態はひどくなり、皮膚はただれます。
その状態の手で主婦の仕事を行えば、弱った肌ですから、刺激を受け、水疱ができ、またその水疱をつぶしてしまい・・・
という悪循環に陥り、いつまでたっても湿疹は治りません。
この手の水疱が出きる主婦湿疹は、皮膚科医の治療が必要です。
単に手が荒れているだけであれば、市販されている塗り薬やワセリンなどの保湿剤で対処できることもあります。
ですが、水疱ができてしまっていると、マズはそのかゆみを何とかしなければなりません。

皮膚科医の指示によるステロイド剤の使用も必要になってきます。
痒みがひどい主婦湿疹ができてしまった場合は、皮膚科を受診し、有効な治療を始めましょう。

 

また、主婦湿疹だけでなく、アトピー体質や金属アレルギーがあると、
それらに手が触れることで手に水泡ができる場合があります。
原因を特定するための検査を受け、原因を特定したら、アレルギー物質には触れないような日常生活を送る工夫をすることが必要です。

 

さらに、手の水疱ができる皮膚疾患として手白癬の可能性もあげられます。
手白癬になっている場合は、足にも白癬菌が繁殖している可能性が高いため、
足に白癬菌が繁殖していないか調べてもらい、治療をしていくことが必要になります。
白癬は水虫の原因菌です。

 

手の水泡がみられる場合は、手に刺激を与えないように生活を工夫し、
痒みがあっても絶対にかかないようにすること、そして、専門医の治療を受けることが必要です。