手湿疹になったら

手の甲の湿疹について

ひとくちに、手の湿疹といっても、色々な皮膚疾患がありますし、
手のひらにできる事もあり、指にできることもあり、手の甲にできることもあります。
主婦湿疹の場合も、手のひらにできることが多いですが、
手の甲に症状がみられることが多くあります。

 

見た目は手湿疹と同じような症状がでる手白癬は、
手湿疹に比べると、それほどかゆみは感じません。
ですが、水疱ができやすいという特徴があるので、かきつぶさないようにすることが大切です。
また、白癬の場合は、水虫ですから、治療が必要です。
そして、白癬の場合は、手にできているのを確認したときには、
足にもできていないかの確認が必要です。
白癬は、手から出きるのではなく、足からでてきることが多いようです。
足もできている場合は、手も足も同時に治療をすすめていくことが大切ですね。

 

また、かゆみはあまり感じなくても、直径1ミリ程度の湿疹が手の甲にできている場合、
あるときは皮膚の表面のぽつぽつした湿疹ができていると気付いても、
ほうっておいたらいつの間にか消えている事もあります。
ですが、ふと気付くとまたできていた・・・というようなことを繰り返す場合は、
手湿疹にかかっている可能性が高いので、湿疹を掻き壊さないようにすることが大切ですし、
一度皮膚科で見てもらうと安心です。
痒みや痛みがないからとほうっておくと、皮膚の機能が悪くなってしまう事も考えられます。

 

手湿疹そのものは、皮膚の病気の中ではそれほど深刻ではありません。
気になるとするならば、ひどいかゆみがあったり、水疱ができるなどしている場合です。
こうなると、見た目も気になりますし、かゆみがひどくて、日常生活に支障をきたしたり、
かいてしまって、皮膚の表面に傷がつき、細菌感染を起こし、痛みが出てしまうこともあります。

 

手は、意外と目立ちます。
人目が気になるから・・・ということだけではありませんが、
皮膚の機能を正常に保つためにも、気になる湿疹が手の甲にできているのであれば、
まずは皮膚科の専門医に診察をしてもらい、治療が必要であれば治療を受けることが大切です。
痒みがある場合は、かいてしまうことにより、あっという間に症状が悪化しますから、特に注意してください。